Exploring Mingei (Folk craft) in Tottori Prefecture

I visited the Japan Folk Crafts museum in Tottori Prefecture and the adjacent restaurant “Takumi Kappou” founded by Shoya Yoshida (1989-1972) who is known for having spread the Mingei in Tottori Prefecture. Tottori is located in the western part of Japan, north of my hometown, Okayama.


"Mingei" is "hand-crafted art of ordinary people, the coin word of Japanese (民衆的工芸, minshū-teki kōgei) created by Yanagi Sōetsu who is the founder of Mingei movement in 1920's.

Yanagi discovered the beauty in everyday objects created by craftsmen and has spreaded Mingei movement in Japan.


Shoya Yoshida was favoured by Yanagi Soetsu and he joined the Mingei movement. Besides working as a doctor, Shoya Yoshida was a designer, producer, educator, and businessman who established the distribution system of minge craft in Tottori Prefecture. The museum showcases thousands of old mingei folk crafts collections.

“Takumi Kappou” serves the dish called “Susugi nabe (pot)” which is the roots of “Shabu-shabu”. “Shabu-shabu” is now widely known as one of Japanese traditional cuisines but I recently got to know that it was developed and expanded along with the Mingei movement. I missed “Susugi nabe” unfortunately but enjoyed the local delights with a variety of plates created by local mingei crafters. If you have a chance to visit Takumi Kappou, don’t miss trying “Susugi nabe”.


The plate with green and black glazing (called Ushinoto-yaki) is Mr. Yoshida’s representative design and it has been handed down to some kilns. This trip helped me experience the spirit of Mingei that carries on today. I bought some Ushinoto-yaki plates from a young dedicated craftsman as a souvenir which became one of my favorites.



鳥取民芸にふれた旅

先日、鳥取を訪問し、吉田璋也がプロデュースした鳥取民藝美術館とお隣にあるたくみ割烹へ。

民芸とは、日常的に使われる工芸品(民主的工芸の略語)で、1925年、柳宗悦を中心として陶芸家の河井寬次郎、濱田庄司により造られた言葉のことです。無名の職人による手仕事により造られる日用品に美を見出した柳宗悦らにより民芸運動が行われました。


鳥取出身の吉田璋也(よしだしょうや1898-1972)は、柳宗悦の知遇を得て、民芸運動に参加し、1930年頃から鳥取県に民芸を広めたことで知られる人です。医師としての仕事の傍ら、プロデューサーとして、県内の職人たちと一緒に、工芸製品の企画・デザイン・製作から販売までの組織を作り上げました。その吉田氏が1949年に開設したのが民芸美術館。そこでは、数千点にもわたる民芸のコレクションを鑑賞することができます。


美術館の後は、1962年、吉田氏が開店した割烹「たくみ割烹店へ」。ここでは、民芸運動に関わる人達の間で広まった「しゃぶしゃぶ」の発祥とも言われているすすぎ鍋を食べることができます。残念ながら食べることができませんでしたが、地元の民芸作家さんの器に盛られた郷土料理を堪能することができました。約50年以上前に、美術館、お隣に民藝の器を用いた郷土料理、さらにはショップを開店して見て、楽しむ、買う、トータルで形にしたプロデュース力、情熱が素晴らしいと思いました。

民芸の精神は若い作家の方に確実に受け継がれていることを知りました。

写真の黒と緑の染め分けが特徴でもある「牛戸焼」は吉田氏の代表的なデザインですが、受け継がれた窯元の職人さんから購入してお土産に。お気に入りの器となりました。

Stay Up-To-Date with New Posts

Search By Tags